新中野のサンドイッチ

早朝に開店し通勤時間がひと段落する頃には閉まっているという、名前の無いお店で売られているサンドイッチをようやく食べる事が出来た。

夜勤の帰りに新中野で途中下車。
3番出口を出て鍋横商店街を南に歩く事約3分。
歩道に置かれた、バケツに入ったスヌーピーの人形が目印。

到着したのは朝5:45頃であったが、既に開店していた。
店外のケース内にあるサンドイッチを見てたら、店内で調理をしていたおばあさんが出てきてサンドイッチを出してくれた。
タマゴサンドとハムカツサンドとレタスサンドの3種類1セットで200円。

帰宅後、朝食として食べた。
ボリューム満点な名物のタマゴサンドは勿論美味かったが、驚いたのはレタスの瑞々しさ。
肉厚で歯応えシャキシャキなレタスは、コンビニで売られているレタスサンドより非常に美味かった。