カスタムプロファイルをVirtual Serverに適用

FTPのカスタムプロファイルを作成し、Virtual Serverに適用させた時のメモ。
既存設定には無いオプション値、ポート番号65021を設定したFTPプロファイルを作成し、Virtual Server TEST_VSに適用させた。

tmshコマンドだと create ltm profile ftp TEST-ftp-65021 { app-service none defaults-from ftp port 65021 }
GUIによる設定だとLocal Traffic - Profiles - Services - FTPの順に進み、

Name: TEST-ftp-65021
Parent Profile: ftp
Data Port: 65021

FTPのカスタムプロファイルの作成が出来た。
Local Traffic - Profiles - Services - FTPの順に進んで作成。
ポートの指定も出来た。しかしFTPS ModeやActive Mode設定はどうするか要確認。

この後、上記にて作成されたFTPのカスタムプロファイルを、Virtual Serverに適用させる。
tmshコマンドの場合、modify ltm virtual TEST_VS { profiles add { TEST-ftp-65021 { } } }
GUIによる設定の場合、Local Traffic - Virtual Servers - Virtual Server Listの順に進み対象のVirtual Serverに入り、Configuration欄内のFTP Profileにて、上記にて作成したFTPのカスタムプロファイルを選択。