業務に関して、かつてない危機が訪れている

今回は心の中のに溜まり続けていた事を吐き出し。
まとめきれていない状態で書きなぐっている為、読み辛いかもしれない。
15年以上通信の業界に携わってきて、今はこれまでには無かった危機的な状況に陥り、メンタルはボロボロな状態。
過去に1度だけ理不尽案件に就き3ヶ月で退任なんて事が有ったが、それでも周囲に助けられて何とか3ヶ月も持った。しかし今はその時と状況が違う。
これまでに幾つものIPネットワークの設計業務に携わってきたが、今回の案件にて設計対象となるネットワークの規模は、今まで携わってきた案件の中では決して大きい方ではない。
何々ハラスメント系の人は居ない。
炎上案件に突っ込まれた訳でもない。
それでも危機的な状況だ。



今まで居た案件
・着任前の面談で、業務経験および自分が持っているスキルが案件にマッチしているか確認していた。
・どの案件も、ネットワーク担当者は少なくとも自分を除き2~3人は必ず居た。
・どの案件も、業務内容やテクニカルな内容の相談が気軽に出来て、独りで抱え込む事は決して無かった。
・打ち合わせ?思い返してみると過去10年以上参加した事が無い。メンバー全員参加方式ではなく、代表者が参加し情報を展開する方式だった為に業務に集中出来た。役割分担が明白だった。(※1)
・自分の担当はレイヤL1~L3、案件によってはL4までやってたが辛くなかった。
・常駐先のセキュリティ云々により外部環境に繋がらず、ネット上で情報収集が出来ない案件も有ったが、持参した参考書や自分が持っているスキルで何とか出来た。



しかし今の案件は違う
・着任前の面談は無かった為、スキルシートの内容と案件内容の確認/すり合わせの機会が無かった。
・ネットワーク担当者は自分1人のみ。しかしサーバ側の担当者は何人も居る。案件管理者様や常駐先社員様もサーバ側担当。
・自分1人しか居ない為に案件の内容に関する相談先は別部署の担当者(現行環境を担当していた)になっているけど、現案件が進み設計内容が現行環境から離れるにつれ、彼らは次第に分からなくなっていく。
・分からない分野や技術に関しては勿論、勉強は必要。しかし「設計出来ます」と胸張って言えるレベルになるにはもっと時間が必要。
・今の自分の担当はレイヤL5~L7。
・これまでに居た案件ではサーバエンジニアやセキュリティエンジニアが担当していた内容だったが、今は自分が担当しなければならない。
・独りで抱え込んだ状態。「独りよがり」な設計になりそう。※「一人」とは書かない。
・今までのように設計書作成に集中したいのだが、設計以外の業務に多くの時間を費やしている。
・我々の業界内では金融系イコール辛いという印象が強いと思われているだろうが、過去に居た金融系案件よりも今の案件の方が圧倒的に辛い。
・進捗状況云々は、新型コロナや勤務環境などとはあまり関係ないと思う。
 ※4月中旬より自宅勤務が継続中。



今の状況
・遅延。 想定より2週間以上遅れている。
・幾つもある業務内容の中でどれが最優先すべきか、優先順位を把握出来てるのか聞かれる。優先順位は把握しているが最優先以外の業務内容に多くの時間が費やされる。
・接続するサービスとの契約や予算に関する打ち合わせ、本来であれば課長や課長代理などある一定以上の階層の方々やっているような事を、何故ヨソ者の自分一人にやらせようとするのか意味不明。相手は皆課長とか課長代理じゃねーかよ。同じSIerであっても事業部によって方針が異なる?
・打ち合わせの議事録メモを取ろうとすると、頭の中がフリーズ状態になる。
・あれをやらねば、これもやらねば...とあたふたした状態。
・案件の中の一人と言うより、一人親方のような感じ。
・体調悪化。自覚症状は眩暈と動悸と左胸の痛み。業務中ずっと継続しているが、特に打ち合わせ後がひどい。今よりも業務量や残業時間が圧倒的に多かった某メガバンク案件では、ここまでの症状の酷さは無かった。



今の状況はどうしたら打開出来る?
・設計書作成に集中したい。それさえ出来れば、症状だけでなく抱えている業務は劇的に改善すると思う。
・要望は、休日が欲しいとか残業したくないとかではなく、本来の業務に集中させてくれ、である。
・情報の更新や新情報は、その都度展開してくれれば充分。そこから先は任せてくれ。
・以前は業務内容の分散や分担に関してはあまり肯定的に捉えていなかったが、今は肯定的に捉えるようになった。
・今の状況をまくし立てる機会が欲しいなあ...
・いや、欲しいなあではなく、何かのタイミングでまくし立ててみようか。クビ覚悟で。



...休日は外出してリフレッシュという事が出来ず家の中でゴロゴロしてばかりだったのは、新型コロナの件が有って仕方が無い事だったかも知れない。しかし他にリフレッシュ方法なんて何が有るか分からなかった。趣味は外出しないと出来ないものばかりだったので。
では業務に関わる内容の勉強はどうか。LPICの勉強はぼちぼち進んでいる。それよりも業務内容とは全く異なる分野を夢中で遊び(MirageOS Unikernel)、その一方でL5とかL6とかL7の内容の勉強から目を逸らしてきた(※2)のは、メンタルがやばい状況なのかな、と思った(※3)。



【2020/6/14追記】あれからどうなった?
掲載から約1週間後、直属の上司に対し、状況と自分の要望をブルカノ式噴火の如くぶちまけた。
自分が普段そのような事を言うような人ではないと思われていたようで、非常に驚かれたと同時に色々とアドバイスを頂けた。
また、自分の変調について現地側も何か察していたようで、打開策を既に練り始めていたようだった。
ネットワーク側の体制少し変わり、今の段階で最優先なタスクに集中出来るような状況になりつつある。
体調は少しマシになった。左胸の痛みの発生は非常に少なくなったが、眩暈や動悸は頻度こそ減ったもののまだまだ発生する。
L5~L7の勉強を始めた。気分転換にフリーのロードバランサをVirtualboxにデプロイし、ポチポチいじって遊んでいる。





※1 進捗確認の定例ミーティング等はどの案件にも有った。
※2 そっちの方の勉強をやろうとすると眩暈や左胸の痛みを起こす事が有った。
※3 しかしCisco Pressの参考書を暫く読むと心が落ち着いてくる。