Home Lab

Home Labの構成機器一覧

Home Lab構成機器に関して。 機器の構成は2015年4月14日現在。随時更新。今年の1月まで、Home Labの構成機器は現在の倍近くまであった。 Catalyst4503やCisco3640やJuniper J4300等通信機器本体だけでなく、Catalyst6503用およびCatalyst4503の古いModule6枚…

Catalyst6503のConfigテンプレ (SUP32編)

家に鎮座するCatalyst6503のConfigのテンプレ。初期化後やconfigのバックアップを誤って消去してしまった場合に、以下を貼り付け。 ただし、以下の出力内容はCatalyst6503 IOSバージョン12.2(33)SXJ8のデフォルト設定ではない。 これまでに居た複数の案件見…

WS-X6516A-GBICの基本構造

WS-SUP32-GE-3Bに加えて、Slot1に挿入しているラインカードであるWS-X6516A-GBICに関しても調べてみた。2007年頃、Catalyst6500における光ケーブルのラインカードでは最も導入されていたであろうWS-X6516-GBIC。 今ではGBICはSFPに取って代わり、データセン…

SUP32を搭載したCatalyst6500のアーキテクチャ

販売開始から10年程経過し今更感が強いが、Home Labで運用開始したSUP32搭載Catalyst6500のアーキテクチャに関して簡単にまとめてみた。インプレス社刊の「Cisco Catalyst LANスイッチ教科書(改訂新版)」と「Cisco LANスイッチ教科書(第3版)」にSUP32のアー…

WS-SUP32-GE-3Bの基本構造

自宅に鎮座するCatalyst6503に挿入されているSupervisor Engineモジュール、WS-SUP32-GE-3Bに関していろいろ調べてみた。SUP2(WS-X6K-S2U-MSFC)やSUP720(WS-SUP720-3B)の後継版では無く、SUP1AとSUP720の合いの子という印象。 SUP720より安価で購入可能な点…